So-net無料ブログ作成

僕等がいた 後編 あらすじ

僕等がいた 後編 あらすじ
昨日、映画館の前を通ったら

すごい列でびっくり
思わず、並んでいる人に

「何事ですか?」と聴いてしまったわ

僕等がいた 後編
さすがに人気だね

私も早く観たいよ

僕等がいた 後編 あらすじ
気になるよね

「僕等がいた」の関連商品を楽天市場で検索

漫画と映画は違うから
同じものを求めちゃいけないのは判ってるけど

高校から大学、そして社会へと激動する10年以上の時の流れの中
釧路、札幌、東京を舞台にくり広げられる純愛ストーリー

前編の涙涙の別れから早5年

矢野は、病気になって姿をくらましたんだね
母の死がショックで

その死から立ち直れないまま
パニック障害になっていたんだね



共通テーマ:映画

僕等がいた 後編 あらすじ

僕等がいた、後編見てきました。
あらすじをご紹介しますね。

僕等がいたの後編では七美が東京で就職活動しています。
そんな七美をそばで支えているのは矢野ではなく竹内。
矢野は、母親が自殺したことが原因でパニック障害に。
七美の前から姿を消してしまいます。

【送料無料】僕等がいた(16)

【送料無料】僕等がいた(16)
価格:440円(税込、送料別)




なんとか出版社に就職できた七美。
ある日、矢野を目撃したという情報が入って…。

というあらすじになっています。

ネタバレはしないようにしますが、とにかく後編は泣けます。
前編の胸キュンはそこまでないのですが、大人な映画に
仕上がっています。
竹内、山本妹のストーリーもすごく良く、個人的には
この二人の助演がすごく良くて、後編のスパイスになっていると
思いました。

僕等がいた 後編、ぜひ映画館で見てみてください。


共通テーマ:映画
Copyright © CUL All Rights Reserved.
FX業者各社のランキング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。